Spresense Header CodeSpresense Header Code

Spresense - エッジコンピューティングを低消費電力で

Spresense で乾電池でも動く本格的なエッジコンピューティングを体験してみませんか?

Spresense Main Board TopSpresense Main Board Top

Spresense の低消費電力マルチコアと開発環境

Spresense は ソニーが開発したスマートセンシングプロセッサー 「CXD5602」 が搭載されたボードです。NuttX ベースの Spresense SDK に加え、Arduino IDE による開発環境も用意しており、手軽に小さく省電力でありながら、パワフルなエッジコンピューティングを体験できます。

  • GPS内蔵 GPS、みちびき、GLONASSに対応し、複数システムを同時受信するマルチGNSS(Global Navigation Satellite System: 全球測位衛星システム)を内蔵しています。
  • ハイレゾリューションオーディオ機能内蔵 192kHz/24bit のオーディオコーデックとClass-Dのデジタルアンプを搭載、マイク入力も最大8チャンネルサポートできます。
  • マルチコアプロセッサ Spresense のスマートセンシングプロセッサ- CXD5602 には、低消費電力で動作可能な、ARM® Cortex® -M4F が6つ搭載されています。

Spresense を購入する

Spresense の幅広い活用事例

Spresense はエッジコンピューティングを必要とするエリアで幅広く活用できます。例えば、AIやFA、ロボティクス、スマートスピーカや個人情報をエッジ処理するセキュリティシステムなど、その活用範囲は多岐に渡ります。

最新の活用事例

Coded Field InstallationCoded Field Installation

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13

Light and Sound Installation "Coded Field"

ライゾマティクス様

このプロジェクトのために独自に開発された参加者用のバルーン型の手持ちデバイスに、SPRESENSEが採用されました。GNSSを利用し、LEDおよびスピーカーが内蔵されたデバイスは、野外イベントにおいてGNSSの位置情報に基づいて、デバイスの発する光や音をコントロールすることが可能となりました。

(画像提供:ライゾマティクス)

詳しい情報

Autolab ProjectAutolab Project

一緒に学ぶプログラミング用ロボットアーム CO-

AUTOLAB株式会社様

ジョイステックで体験的に操作でき、さらにプログラミングを学べるよう開発したロボットアームにSpresenseが採用されました。Arduino IDEに対応していることで、学習用途の展開頂くとともに、Camera機能などの追加拡張も行っています。

詳しい情報

Spresense Development OverviewSpresense Development Overview

Arduino IDE で手軽にマルチコアプログラミング、Spresense SDK で本格的な組込み開発

Spresense なら、手軽に Arduino IDE でマルチコアプログラミングを楽しめます。また、ソニーの Neural Network Console と連携すれば、今までハードルの高かったエッジAIシステムを簡単に構築できます。本格的な組込み開発を志向する方には NuttX ベースの Spresense SDK で、Spresenseのもつ能力をフルに活用することができます。LPWAやWi-Fi、BLE等のペリフェラルボードと組み合わせて、本格的な 低電力AI x IoT システムを作ってみましょう。

Spresense について

ハードウェア拡張オプション

Spresense Extension Board Option GSpresense Extension Board Option G

Spresense 拡張ボード

Spresense拡張ボードは、音楽を手軽に楽しむために、SDカード、ヘッドホンジャック、マイク接続用ピンヘッダー備え、3.3Vもしくは5.0V選択可能な Arduino UNO 互換のピンソケットを利用できます。

詳しい情報

Spresense Camera Board Option GSpresense Camera Board Option G

Spresenseカメラボード

Spresense カメラボードは、500万画素のソニー製CMOSイメージセンサーを搭載。FOV78度の固定焦点レンズを備え、JPEG, RAW, Y/C, RGB 出力が可能な専用パラレルインタフェースによりメインボードと直接接続できます。

詳しい情報

Spresense LTE Extension Board OptionSpresense LTE Extension Board Option

Spresense LTE拡張ボード

Spresense LTE拡張ボードは、LTE-M (Cat-M1)通信規格に対応した拡張ボードです。従来の拡張ボードの機能を一部引継ぎ、さらにLTE-M ネットワークへのアクセスを可能とします。

詳しい情報

サードパーティー製拡張オプション

 Add-onボード

Sunahayato ToF NewSunahayato ToF New

ToF Add-onボード

ToFセンサーボード「MM-S50MV」はレーザーと複数の受光素子により最大10mまでの高精度3D距離測定と高速サンプリングが可能です。

レーザー光を照射するため暗い場所でも使用が可能で、同時に近接使用してもお互いに干渉することなく、カメラモジュールと同一基板寸法で非常に小型です。

詳しい情報

Spresense SMK SigfoxSpresense SMK Sigfox

Sigfox Add-onボード

SMK製Sigfoxモジュール(WF931)をベースにしたSigfoxブレークアウトボードです。EM-WF931-02FをSpresenseのSigfox Add-onボードとしてお使い頂くことで、Sigfoxネットワークを使ったデータ転送が可能になります。

詳しい情報

Spresense Wi Sun Add OnSpresense Wi Sun Add On

Wi-SUN Add-onボード

Wi-SUN Add-onボード「SPRESENSE-WiSUN-EVK-701」は、SPRESENSEに「Wi-SUN」の無線通信機能を追加する拡張ボードです。Wi-SUNの最新規格である「Wi-SUN Enhanced HAN規格」に対応しており、低消費電力かつ長距離通信を可能にし、センサ拡張ボードを追加できるスロットも備え、より高度なIoT機器の評価・開発に貢献します。

詳しい情報

Spresense Add On Board Connector NewSpresense Add On Board Connector New

Add-onボード向けスタッキングコネクタ

  • 4極、9極、13極の3種
  • 許容電流/耐電圧  DC 3A/AC600V
  • 絶縁抵抗/接触抵抗 Min1000MΩ/20mΩ以下
  • 環境温度 -40~105℃

詳しい情報

 拡張ボード

Spresense PDA01 ExtensionSpresense PDA01 Extension

B-stem PDA01

小型拡張ボード「B-stem PDA01」はポータブルオーディオプレーヤー/レコーダーを作成するのに最適な基板です。8個のスイッチ、I/O各1個のステレオミニジャック、加速度センサー、microSDコネクタを搭載しており、リポバッテリーも使用可能です。アナログ電源の独立設計により高音質化を実現しました

詳しい情報

Switch Science Extension BoardSwitch Science Extension Board

B2Bコネクタピッチ変換基板

SPRESENSE 背面の 100ピンコネクタ(B2B コネクタ)を 2.54mmピッチに変換する基板です。B2B コネクタには SPRESENSE の I/O 信号が直接引き出されているので、拡張ボード にはない機能を利用する場合に便利です。

詳しい情報

サードパーティ製ソフトウェア開発環境・ライブラリ

MicroEJMicroEJ

MicroEJはSpresense上でJavaプログラミングを可能にするソフトウェア開発環境を提供します。

MicroEJ web site

ZerynthZerynth

ZerynthはSpresenseで動作するPythonベースのIoT開発環境プラットフォームを提供します。

Zerynth web site

NECNEC

軽量プログラム改ざん検知 開発キット

Spresenseのマルチコア構成を活かして軽量・高速にプログラム改ざんを検知するソフトウェアです。プログラムの起動時だけでなく稼働中に発生する改ざんも検知しますので、Spresenseを安全にご利用いただけます。

製品情報

Spresense Cxd5602Spresense Cxd5602

CXD5602 - 今までにないプロセッサー

Spresense のプロセッサー「CXD5602」 は、6.5mm x 6.5mm という小ささですが、その機能・性能は他に類を見ることができません。ARM Cortex-M4F を 6つ搭載しているにも関わらず、最新のシリコンプロセスFD-SOI (Fully Depleted Silicon On Insulator) により超低消費電力を実現。さらに、GPSとGLONASSを同時受信できる マルチGNSSと、ハイレゾリューションオーディオ・コーデックを内蔵しており、そのユニークさは際立っています。今までにないあなたのアイディアを、今までにないプロセッサーで実現してみませんか?