SmartEyeglass HeroSmartEyeglass Hero

透過式メガネ型端末 SmartEyeglass SED-E1

目の前の風景に情報が重ねて表示されるAR(拡張現実)の世界を体験しましょう。SmartEyeglass SED-E1*は、視線を大きく 変えることなくハンズフリーでさまざまな情報を取得できる 透過式メガネ型端末です。

*生産完了

ARグラス用ディプレイモジュール SED-100A はこちら

独自のホログラム光学技術を搭載

独自のホログラム導光板技術により、透明度が高い薄型レンズを実現しました。

SmartEyeglass Front 353×200SmartEyeglass Front 353×200
拡張現実

SmartEyeglassは、AR(拡張現実)の世界を体験できる軽量の両眼透過式メガネ型ウェアラブル端末です。

SmartEyeglass Display 400×200SmartEyeglass Display 400×200
薄くて透明なレンズ

厚さ3㎜、透過率85%のレンズがクリアな外界視認性を、明るさ1,000cd/m2の両眼ディスプレイが高い視認性を実現。仮想表示距離も調整可能。

SmartEyeglass LightweightSmartEyeglass Lightweight
アイウェア

左右のバランスがとれた重さわずか77gの軽量な両眼ディスプレイ

SmartEyeglass Controller 400×200SmartEyeglass Controller 400×200
コントローラー

タッチセンサー、各種ボタン、スピーカー、マイクを搭載しワンタッチ接続(NFC)機能に対応。リチウムイオン充電池内蔵。

SmartEyeglass CameraSmartEyeglass Camera
カメラとセンサー

300万画素の写真が撮影可能。

加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサーを搭載。

Connectivity 353×200Connectivity 353×200
接続性

Bluetoothまたは無線LANでスマートフォンと接続(カメラモード に入ると自動的に無線LAN接続に切り換わります)。スマートフォン に専用Androidアプリをインストー ルすることで動作します。

ホログラム光学技術により透明度が高い薄型レンズを実現

Hologram E WebHologram E Web

SmartEyeglassは透過式メガネ型端末専用の軽量・薄型のディスプレイモジュールを搭載しています。 ディスプレイモジュールは次の2つの部分から成り立っています。

  1. 光学エンジン:マイクロディプレイやレンズを使って、画像やテキストなどの映像光を出射します。
  2. ホログラム導光板:透明板の両端にホログラム光学素子を組み込むことで、光学エンジンから出射した映像光を、 厚さ1mmの非常に薄い透明板の中を伝搬して、目に届けます。

これにより、透過率85%という高い透明率を持つ厚さ3mm(導光板前後の保護プレートを含む)のレンズを実現しています。

ハンズフリーがもたらす新しい使い方

開発者は、SmartEyeglassに搭載された各種センサーやカメラ機能を活用し、ハンズフリーによる ユニークな使い方を生み出すことができます。例えば, SmartEyeglassを使うと、スポーツの観戦時や 旅行中、両手がふさがる業務中でも、目の前の状況に集中しながらその場に応じた情報が得られます。

06 UseCase Navi06 UseCase Navi

旅先での観光ガイド

はじめて訪れた場所でも、行き方案内や、 今いる周辺情報をリアルタイムに取得して、 行き先を把握できます。

APX UseCase Engine 04 01APX UseCase Engine 04 01

組立/メンテナンス業務の効率化

ハンズフリーで作業指示を見ながら、 組立やメンテナンス業務を遂行できます。

詳細はこちらへ

04 UseCase Sports04 UseCase Sports

スポーツの成績をリアルタイムで

プレーヤーやリーグ、チームの成績を確認しながら観戦できます。

※上記の活用例のように使うには、専用のアプリケーションを開発し準備する必要があります。