SmartEyeglass向けのアプリの開発

SmartEyeglassについて
SmartEyeglassは、お使いのスマートフォンと接続できる有線コントローラー付きの透過式双眼メガネ型端末です。着用者の視野そのものに情報が重なって表示され、真のARを体感できます。

SmartEyeglassアプリでは、センサーのデータを加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、照度センサー、マイクから取得して、内蔵のカメラにより写真や動画を撮影することができます。互換性のあるスマートフォンではすべてのアプリが動作するため、スマートフォンで利用できるセンサー(GPSなど)もアプリから利用できます。SmartEyeglassは、Bluetoothまたは無線LAN経由でスマートフォンに接続します。

SmartEyeglass SDKについて
SmartEyeglass SDKは、SmartEyeglassのコントロールと操作に必要な機能でAndroid SDKを拡張しています。「スマートプラグイン」ソフトウェアフレームワークを使用しています。SmartEyeglass SDKには、Android携帯電話で動作し、SmartEyeglassと通信するホストアプリケーション(HostApp)が含まれます。必要なSmartConnectアプリ(コンポーネントとOSの通信やコンポーネント間の通信を実行)の最新版は、Google Playからダウンロードできます。

SmartEyeglass SDKの詳細情報やマニュアル一式については、SmartEyeglass SDKのページ(英語、外部リンク)を参照してください。

SmartEyeglass SDKのインストール
SmartEyeglass向けのアプリの開発を始めるには、SmartEyeglass SDKをインストールする必要があります。以下の手順を実行するには、お使いのコンピュータにAndroid SDKとEclipse、IntelliJ IDEA、またはAndroid Studioをインストールしておく必要があります(その他の開発ツールを使ってもかまいません)。

SmartEyeglass SDKのインストールが完了したら、IDEをセットアップしてSmartEyeglassアプリの開発を始めることができます。

Android SDK Managerを使ったインストールの手順は、Eclipse、IntelliJ IDEA、Android Studioの場合と同様です。

  1. IDEを開き、Android SDK Managerを起動します。
  2. Android SDK Managerで、「Tools」、「Manage Add-on Sites」の順に選択します。
  3. User Defined Sites」タブを選択し、「New」をクリックします。
  4. 次のURLを「Add Add-on Site URL」に入力します。http://dl.developer.sony.com/wearables/sdks/Sony-SmartEyeglass-SDK.xml
  5. 「OK」をクリックします。ソニーのサーバーからSmartEyeglass SDKがダウンロードされます。
  6. Close」をクリックして、表示されたSDKのAPIレベルでの並べ替えを確定します。
  7. Android 4.3 (API 18)」の下に表示される利用可能なSDKを展開し、「SmartEyeglass SDK」のチェックボックスをオンにして、「Install 1 package」をクリックします。SmartEyeglass SDKのインストールが始まります。

SmartEyeglass SDKを手動でインストールすることもできます。