Lifelog APIでアプリを強化

ソニーのLifelogアプリでは、スマートフォンのセンサーや、接続されたSmartWear機器のセンサーを介して、ユーザーのライフスタイル、フィットネス、健康状態に関する情報を確認できます。そして、ユーザーがアプリでのデータ共有を承認すれば、Lifelog APIによって各ユーザーのライフスタイルに関するデータを安全に取得できます。また、運動やアプリの利用状況、位置情報に基づいて深い見識をユーザーに示し、よりスマートな選択を促すことができます。たとえば、運動のデータをゲームに取り込んだり、ライフスタイル活動のデータを使ってアプリやサービスにお勧め情報を表示することができます。

Lifelog APIの仕組み
Lifelog APIはRESTベースのWebサービスAPIであり、エンドポイントのユーザープロファイル、アクティビティ、位置情報を使って、ユーザーのLifelogデータを問い合わせることができます。すべてのデータはJSON形式で返されます。認証機能は、セキュリティで保護されたSSL通信によるOAuth2標準規格を使ってアプリに実装されます。

開発の第一歩
Lifelog APIを使って開発を始める方法については、Lifelog APIのページ(英語、外部サイト)を参照してください。